消費者金融のブラックリストとは

メインイメージ
無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

消費者金融のブラックリストとは

消費者金融や信販会社に関連するサイトなどを見ていると「ブラック」とか「ブラックリスト」とかという言葉を目にします。
このブラック(ブラックリスト)とは、どのようなものなのでしょうか?
ブラックリストと言うと、要注意人物の名前のリストと言うイメージですね。
ですが、そのような名前のリストが実際にあるわけではありません。
ただ、「ブラック情報」と言うものがあります。
ブラック情報とは、消費者金融を利用した人で、事故を起こした人の情報のことを言います。
たとえば、返済が遅れた、返済ができなくて自己破産した・・・と言うような
お金を貸し、返済してもらうと言う仕事を営む消費者金融にとってマイナスな事故を起こした人の情報です。
事故を起こすと、その情報がブラックリストに乗ります。
このブラック情報が残っている状態を、ブラック認定の顧客、ブラックリストに載った顧客と言います。
ブラック情報は、3つの信用情報機関で共有化され管理されています。
一社で起こした事故は、この情報を閲覧できるすべての消費者金融や信販会社に知られてしまいます。
ブラック認定された人は、キャッシングを申し込んでも、ほぼ100%融資が受けられません。
ですが、悪徳消費者金融では、「ブラックでも可」となっているところが多いです。
お金に困っている人にとって、ブラックでも可というのはとても魅力的でうれしいものですが、
悪徳な業者での借り入れは、ありえないほどの利子が上乗せされ、返済はますます難しいものになります。

消費者金融などで融資を受ける場合は、ブラックリストに載らないように気をつけなければなりませんし、
ブラックリストに載ってしまったからといって、悪徳消費者金融での借り入れをしないように気をつけなければなりません。
イククル 体験談
イククルで結婚相手を見つけた私の体験談