消費者金融のトラブル対策について

メインイメージ
無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

消費者金融のトラブル対策について

消費者金融のトラブルに巻き込まれたら、まずは消費者生活センターに相談するのが一番です。
たとえば、悪徳消費者金融からお金を借りてしまった場合や、
自分の名義で親や子供、他人が勝手に消費者金融を利用している・・・
など、消費者金融でトラブルになることはいろいろあります。
消費者生活センターは、消費者の駆け込み寺的な存在です。
警察や弁護士に相談するべきかどうか悩んだときなど、
まずは消費生活センターに相談してみて下さい。
消費者金融のトラブルで最も多いのは、
借り入れをして返済ができなくなったときに起きる厳しい取立てに関する事項だと思います。
相談する場合は、具体的にいつ、どこで、どのような取立てをされたのかなどメモをし、
具体的な内容について相談してみてください。
あまりに乱暴な取立ては、脅迫罪や暴行罪の可能性もあります。
きちんと証拠を作っておくことで、後に警察に相談するときにも役立ちます。
警察へ相談する場合の仕方について、消費生活センターが相談に乗ってくれます。
また、法律で定められている以上の利率を掲げている消費者金融は悪徳です。
そのような消費者金融でお金を借りてしまった場合の対処の仕方など、消費生活センターがアドバイスをくれます。

自分の名義を勝手に使われている場合も、消費生活センターに相談すると対処方法についてアドバイスが貰えます。
この場合、消費者金融にその事実を話してみることからはじめますが、
名義と本人の確認を怠った消費者金融側にも落ち度があるとみなされることが多いです。
黙っているのではなく、きちんと対応することで、解決策は見えてきます。
消費者金融のトラブルは、弁護士を立てなければいけない事態になることが多くあります。
毅然とした態度で挑むことが必要ですが、消費生活センターに相談し、
自分が今後とるべき行動について相談すると、安心ですし、心強いと思います。
医療保険
医療保険の選び方 保険選びのお手伝い!