消費者金融のリボルビング返済とは

メインイメージ
無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

消費者金融のリボルビング返済とは

消費者金融の返済方式で一般的なのは、リボルビング返済です。
最近は、消費者金融だけでなく一般のカードローンでも“リボ払い”が主流になっています。
リボルビング返済とは、毎月の返済額を一定にして、返済する回数を調整する仕組みです。
消費者金融の広告などで「毎月決まった額を返済」と謳っているものが多いですね。
これは、リボルビング返済を採用していると言うことです。
「元利定額リボルビング方式」では、支払うべき利息が先に決められています。
ですから、決まっている額よりも多く返済すれば、残った分が元金に当てられます。
「元金定額リボルビング方式」では、融資を受けた額を返済する回数で割って、月々の返済元金を算出します。
そして、月々の返済元金に利息を加算した額が、毎月の返済額になります。
「元金定率リボルビング方式」では、融資を受けた金額に対して、
一定の割合が返済元金となります。
この返済元金に利息を加算して支払う仕組みです。
そして、現在消費者金融でもっとも多く採用されているのが「残高スライドリボルビング方式」です。
残高が増えれば最低返済額も増えます。
返済の最低金額は、消費者金融が決めるものです。原油投資ならCFDがオススメ!

 

リボ払いのメリットとしては、消費者金融の利用者が深く考えずに月々返済していけるところにあります。
深く考えずに月々返済していくことができるのはとてもよいことだと思ってしまいますが、
これには大きな落とし穴があります。