消費者金融と銀行の相違点

メインイメージ
無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

消費者金融と銀行の相違点

消費者金融は、「ノンバンク」と称されますね。
つまり、銀行ではありませんよ、という意味です。
消費者金融も銀行も、どちらもお金を貸してくれるという点では同じなのですが、
お金を借りられる条件をはじめ、様々な点で両者は異なります。
たとえば、銀行の融資は消費者金融のように簡単ではありません。
消費者金融であれば、インターネットなどで簡単に申し込みをして、
審査も貸し出しも返済も・・・ホイホイッという感じで手軽です。
実際、返済に滞ってしまうと大変なことになりますが、
消費者金融は、意外と手軽と言うイメージがあり、そのとおり手軽に融資が受けられます。
審査も銀行の審査に比べればぜんぜん厳しくありませんし、
とにかくスピーディーです。
勤め先があり、住所があり、以前に借り入れをしてトラブルを起こしていなければ
ほぼ、借り入れができます。
簡単な審査で、たくさんの人に、少しずつお金を貸し、利率で利益を上げているのが消費者金融です。
ですが、銀行ではほいほいお金を貸してくれません。
ローンを組もうと思うとそれはもう大変です。

面接も必要ですし、そのお金をどのように使うかを話して許可を得なければなりません。
安定した収入がなければ勿論融資は受けられませんし、担保や保証人も必要です。
とにかく、銀行で融資を受けようと思うと面倒です。
ただ、いろいろ面倒で厳しい分、モビット

 

借り入れ限度額は高いですし、融資利率も低いです。