消費者金融の審査について

メインイメージ
無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

消費者金融の審査について

消費者金融で融資を受けたいとき、融資の申し込みをしてきた人の返済能力について調べるのが消費者金融の審査の目的です。
消費者記入の審査は、システマチックなものとなっていますが、
いろいろな業者によって審査基準が微妙に異なります。
ですから、一社がだめでも、違う業者の審査に通ると言うこともあるので、
一社だめだったからと言ってあきらめる必要はありません。
多くの消費者金融は、「オートスコアリング機能」を導入しています。
「オートスコアリング機能」とは、申し込み者のデータを入力し、
自動的に融資できるか否かが判定され、融資できるのであれば、いくら融資できるのかをパソコンがはじき出すシステムです。
もう少し具体的に言うと、申込者の申告した属性を数値に置き換え、
その数値の合計得点で融資可能か否かを判断すると言うものです。
属性とは、勤め先で言うと、たとえば会社員が3、自営業が1、会社役員であれば5と言うような感じです。
合計ポイントの基準が設けられていて、それをクリアすれば融資可能と言うことになります。
また、「属性モデル像」も消費者金融の審査で用いられています。プロミス

 

申し込みをした人と同じような属性を持つ利用者をモデルとしてランダムにピックアップし、
その人たちがきちんと返済できているかどうかをチェックするシステムです。
ひどいモデルがたまたま選ばれると、自分はきちんとしているのに融資が受けられないと言うとばっちりをこうむることもあります。