消費者金融の審査

メインイメージ
無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

消費者金融の審査

消費者金融を利用するときには、審査を受ける必要があります。
審査の内容は、他の消費者金融から借り入れをしているかどうかというチェックもあります。
自分で申告しなければなりませんが、うその内容を申告してもバレてしまいます。
正直に申告しなければなりません。
当然、あちこちの消費者金融からお金を借りていれば、返済能力がないとみなされます。
他社で借り入れがあるという時点で、審査がNGになる消費者金融もあります。
まずは、無料の借り入れ診断を受けてみてから申し込みをしたほうが良いですね。
そのほか、年収や勤め先、勤続年数、役職、保険証の区分、年齢なども重要な審査項目になります。
単純に役職者であれば返済能力は高いとみなされますし、
不安定な職業、勤続年数が短いと言うような場合は、返済能力が低いとみなされます。
保険証の区分によって自営業か正社員かの区別ができますが、
自営業の人よりも公務員や正社員のほうが返済能力が高いとみなされます。
家族構成に関しても審査がされます。主婦でも借りれるローン・キャッシング情報

 

一人暮らしの人のほうが、お金を自由に使えると言うことで返済能力が高いとみなされる場合もありますし、
家族がいる人のほうが、家族が肩代わりできると言うことも考慮に入れ、返済能力が高いとみなされることもあります。
消費者金融の審査基準に関しては、各社それぞれの基準があるので一概にいうことはできませんが、
実際に申し込みをする前に、各社のホームページにある借り入れ診断を利用することによって
審査に通るか通らないかの判断はある程度できます。
実際に審査に落ちるとその履歴が残りますから、まずは無料の診断を受けてみてから検討することをお勧めします。