消費者金融の利息の仕組みについて

メインイメージ
無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

消費者金融の利息の仕組みについて

消費者金融を利用するのであれば、利息についてはきちんと把握しておかなければなりません。
消費者金融を選ぶとき、利息が低いほうが良いということは当然のことですが、
単に安い・・・と言うのではなく、利息についてきちん把握することで
より、消費者金融を便利に賢く利用することができるはずです。
消費者金融から借りているお金を返済するときに上乗せされるお金が利息です。
たとえば、50万円の借り入れをし、50万円を返済したのでは、
消費者金融のメリットはゼロです。
そこで、利息がつきます。
利息は、借りている金額に対しての割合(利率)が決まっています。
そして、年間を通しての利率を年率と言いますが、
たとえば、50万円を30日間、年率20%で借り入れすば、
50万円×30日間×20%(年率0.2)÷365=8200円になります。
つまり、利息=借りた金額×借りた期間×年率÷365 で計算されます。
利息は現在借りている金額に対してかかるものですから、
月に一度少しずつ返済をし、20万円を返すと、
その時点での利息は、30万円×30日間×20パーセント÷36=で,900円くらい。

ぐっと安くなります。モビットでキャッシング

 

何が言いたいのか?というと、借りたらすばやく返済をするということが大切だということです。
最低返済金額のみをこつこつと返済していても、元のお金は返済されたことにならず、
少しも安くなりません。
消費者金融は、あくまでも次の給料日までのつなぎ・・・と言う程度にし、
なるべく早く完済してしまうようにしないと、大きな損を招いてしまいます。
せっかく借り入れをするのであれば、賢い方法で借り入れをしたいですね。